納得出来るラインを引く

例えば、予期せぬ事件が巻き起こり、返済不能に陥ったとします。
住宅ローンが負担である。
では、もし賃貸で暮らしていたとしたらどうでしょうか?

勿論、家賃は負担でしょうが、住まないわけにはいきません。家賃の負担はなくすことは出来ません。
住宅ローンが滞って、やむをえず住宅を手放さなければならなくなったとしても、依然として住居費はかかりつづけるのです。

つまり、安全にローンを組もうと思ったら、賃貸で住んだらいくらか?という金額を考えてみれば良いのです。
賃貸だったら、更新料もかかりますね。固定でローンを組んだとしても、ちょっと多く金利を払う事になったとしても、「賃貸であっても、このくらいは払うのはしょうが無い」という金額を毎月のローンの返済額にしてはどうでしょうか?
ちょっと損だよなと思っても、賃貸だったらこんなものと思えば納得できます。

さて、「家を買うのにそんな金額で?」と思う方は、思い切って、もう少し時期をずらして、自己資金を増やした方が良さそうです。
生活レベルを落とすとか、親からの援助を考えるか、ともかく、毎月の返済予定額のラインを頑張って増額すべきではありません。
特に、お子さんが生まれたばかりとか、まだ小さい場合、住宅ローンの返済中は、出費は増える事はあっても減る事はないでしょう。
出費の増加に収入の増加が追い付かなければ、その分は、出費を切り詰めるしかなくなってきます。
住宅ローンも見直しができることはできますが、戦略の無い見直しは、たいていの場合では総支払額は増える事となります。

住宅ローンを考える時に一番大切なのは、まず、自分が住宅ローンにいくらまでなら出せるかという、この金額を決める事です。
この金額が安全な金額であれば、たとえ総支払額が膨大になるようなプランであっても、安全性の観点から見れば、一番安全なのですから。
まずは、この金額を決めて、それからこの金額を前提に有利な戦略を建てて、損をしない、納得のいくローン返済を行いましょう。

▲ページの先頭へ戻る